ご契約者インタビュー

Iさんファミリー

「奏の杜」の住環境の良さが決め手

住まい探しのきっかけは、子供が2人になって段々手狭になってきたことですね。もし引っ越しするなら、上の子が小学校に上がる前に済ませておきたいとも思っていました。
「ジオ津田沼 奏の杜」を選んだ大きな決め手になったのは、住環境の良さと、小学校が近いこと。奏の杜は新しい街だということもあって、とてもきれいで気持ちがいい環境。遠くの学校に通わせるのだけは避けたかったので「谷津小学校」が近くにあるのは安心です。あと、保育園や幼稚園も近くに何園かあるので、その点に関しても安心できました。
今は船橋市に住んでいますが、もともと近くなので、奏の杜にはよく来ています。商業施設が充実していて便利なので、普段から利用してますね。子どもを大きな公園に連れていくこともあります。広いので子供がのびのび遊べていいですね。津田沼駅の周辺には家族で気軽に入れるような飲食店が数多く揃っていて良いですね。休日は車で出かけることが多いのですが、幕張のイオンやららぽーとTOKYO-BAYもいままでと変わらず出かけられて良いですね。

新居での暮らしが待ちきれない

環境の他に重視したのは「部屋数」。子ども部屋をつくってあげたかったので、部屋数が増えるのは嬉しいですね。あとは物件の周囲は20mの高さ制限がある地域なので高い建物がなく、陽当たりが良いということも大きな魅力でした。
今は間近に迫った入居を家族みんなで心待ちにしています。冬休み頃には引っ越せそうで、新しい住まいで新年を迎えられるのが楽しみです。
「モデルルームは5〜6物件見ました。「奏の杜」はとてもきれいな街並みで、その中でも小学校が近い「ジオ津田沼 奏の杜」に決めました。」「勤務先は埼玉方面。電車で西船橋まで出て、乗り換えれば一時間ほど。」
取材・撮影 2016年7月
Tさんファミリー

広くても使いこなせそうな間取りの良さ

「ジオ津田沼 奏の杜」を選んだのは、間取りをとても気に入ったから。4LDKの広さがあってもちゃんと使いこなせそうな間取りで、子どもの成長や生活スタイルの変化によって、柔軟に対応できそうなところが良かったです。
また、1部屋ずつがきちんと独立して個室になっていることも気に入りました。探していてもありそうでなかったんです。生活が変わっても使い勝手の良さは変わらなさそうでいいと思いました。4LDKなので、家族が増えても変わらずゆったり安心して暮らせると思います。部屋数が多いので、子供が大きくなるまでは、書斎として1部屋使わせてもらう予定です。

ゆとりが生まれる大容量の収納スペース

もう一つの決め手は「収納」。収納できる場所も多いし、押入れのように大きなスペースまである。これはママ友からも、すごく羨ましがられました。(笑)さらに大きめのウォークインクローゼットが2つもあって大満足です。4LDKというだけでも広いのに、収納スペースも広いので、相当スッキリと暮らせそうです。布団などの大物類もちゃんとしまえるのは本当に助かります。来客用のふとんも余裕で収納できるので、親戚や知り合いがいつ泊まりにきても大丈夫だと思います。
「現地から物件まで、道の雰囲気がいいから、気持ちよく歩けていいですね!」「『ジオ津田沼 奏の杜』はマンションの規模感がちょうど良かった。」「勤務先は割と近くで(東京方面)電車で30分ほどで行けます。」

陽当たりの良さと開放感ある眺望

部屋が南西向きというのも気に入ったポイント。建物の形状がV字で、うちはその角の上層階なので、1日を通して陽当たりが良くて、窓からの風景に開放感があります。高台のマンションなので、この辺一帯を見渡せて気持ちがいいと思います。
そして、周辺に視界を遮るような障害物がないのがいいですね。東側は中学校のグラウンドだし、南西側は遠方にマンションがあるものの、基本的には広々した印象。サンプルとして見たパノラマ写真ではスカイツリーも見えたので、今から楽しみにしています。
取材・撮影 2016年7月